モテない理由はこれ!モテると勘違いしている男性の行動・特徴とは

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-SAYA072155409

男性であれば誰だって、女性にモテたい、女性に不自由しない楽しい生活を送りたいと思っていますよね。

そのためにファッションセンスや外見を磨いたり、会話のテクニックを磨いたり、モテるためのマインドを磨いたりと、必死になって色々と女性にモテるために取り組んでいることもあるかと思いますが、それは本当に女性にモテることにつながっていることでしょうか?

世の中には、女性からするとさほど魅力的に思わないし、むしろ引いてしまうような男性が、「自分はモテる」と勘違いして女性に対して自信満々に接する男性もいます。

そのような男性は、自分がモテるということを信じているので、女性から嫌われて冷たくされて拒絶されても、そのことに気づかず、、、
結局いつまでたっても女性に不自由する生活を送っていくことになるのですが、あなたはそんな勘違い男になってしまっていませんか?

モテようとしてやっている行動が、女性から実はドン引きされていたことだったら、怖いですよね。

そこで今回は、モテると勘違いしている男性の行動や特徴をお伝えしますので、これを参考にして、本当にモテる男性になるためにも、勘違い男になってしまわないように気をつけてください。

 

ナルシストなファッション感覚

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-BO15103026151030265017

見た目の第一印象は大切ですから、ファッションや外見の見た目に無頓着でヨレヨレだったり、シワがついていて清潔感のない服装をしているよりも、もちろんある程度ファッションセンスがあって清潔感のある服装で過ごしていた方が、女性から好感を持ってもらいやすいです。

モテる男性は清潔感や女性ウケのいいファッションを知っていますし、そこに手を抜きませんからね。

ですが、自分はモテると勘違いしている男性は、自分が大好きで女性から自分が注目されていると信じて疑わないのでオシャレにしようとはしているのですが、、、
女性からするとドン引きしてしまうようなファッションをしていることがあります。

あなたのファッションセンスは大丈夫ですか?

例えば、流行を追いかけて、雑誌でよくかけるような中性的なファッションをしようと、スカートのようなズボンを履いてみたり、、、
ジーンズに、ビンテージのジャケットを合わせてワイルドさを演出しようとしたり、、、
ゴリゴリのビジュアル系のファッションをしてみたり、、、、
全身ブランド物でかためてみたり、、、

自分のファッションセンスにこだわりを持っていたり、そんな自分に自信を持っていて楽しいのはわかるのですが、それはそのジャンルのファッションが好きな一部の女性を除いて、ほとんどの女性からはナルシストで勘違いしている男だと思われています。

ほとんどの女性は、男性に対して最新の奇抜なファッションや個性的なファッションは求めておらず、シンプルで清潔感のあるファッションができていれば、十分合格点を与えてくれます。

 

上から目線な態度

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-MAX87_batuwotukuttagaijin20140531

女性は弱い生き物ですから、自分のことを男性に守ってほしいと思っていますし、だからこそ自分より下の立場の男性には恋愛感情を抱きません。

ですから、自信がある態度で女性と接することは間違ってはいないのですが、モテると勘違いしている男性はそこを勘違いして女性に上から目線で話しをしてしまいます。

女性は男性に守ってほしいとは思っていますが、性別は違っても立場は対等でありたいと思っていますから、男性から偉そうに上から目線でアドバイスされたり、バカにするようなことを言われるとカチンときます。

これは人として当たり前のことですよね。

ですがモテると勘違いしている男性は、自分のことを完璧でカッコいい存在だと思い込んでいるので、女性に対して紳士的に振る舞う必要なんてないと考えています。

その結果、自分のことは棚に上げて、女性の体型や服装などのファッションセンスに、ダメ出ししたり指摘したりするような失礼な発言をしてしまい、女性から嫌われるのです。

モテる男性は女性に対して下手に出たり媚を売ったりするようなことはしませんが、女性のことを対等な立場として大切に扱うので、女性を傷つけるような発言はしないものです。

 

やけに馴れ馴れしい

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-ikebukuro-seibu120140921143908

モテる男性は、女性と気さくにフレンドリーに会話ができるものですが、モテると勘違いしている男性は、女性と接することに慣れていると信じきっており、女性に対してフレンドリーを通り越して馴れ馴れしい態度をとります。

誰でも初対面の時は相手に対して警戒しているものですし、信頼していない人が自分の空間にズカズカと入ってくると不快に感じます。

馴れ馴れしくボディタッチをしてきたり、いきなり下の名前で呼んできたり、休日の予定を聞いてきたり、挙げ句の果てには、風邪を引いて家で寝込んでいるときに、付き合ってもいないのに突然自宅にお見舞いにきたり、、、
そうやって女性の気持ちはお構いなしに、自分の都合で馴れ馴れしくする男性は警戒されますし、女性からドン引きされます。

好きな人からしてもらえると嬉しいことでも、そうでない人や、ましてまだよく知らない人にこんなことをされたら怖くなります。

いくら早く親しくなりたい、自分がフランクで親しみやすい人間だということを伝えたいと思っていても、それは自分の都合なだけで、相手には相手のペースがあります。

馴れ馴れしい人というのは、何事もポジティブに考える一面も持っているのですが、自分の都合だけで物事を考え、相手の気持ちを汲み取りませんので残念な結果にしかならないのです。

逆にモテる男性は、相手の女性のことをよく観察し、どうしてほしくてどうしてほしくないのかを見極め把握して行動するので、女性から好感を持ってもらえています。

 

自慢話しが多い

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-tsuru_syouganaina-

モテると勘違いしている男性は、自分のことがすごいと思い込んでいるので、その自分のすごさを相手の女性にも知ってもらおうと思うので、武勇伝を語りたがります。

自分はいかにいい大学を卒業して、仕事では期待されているし成果をこれだけ出している、、、
というような、いかに自分がすごい男なのかという話しを、これ見よがしにしたりします。

ですが女性との会話は、自分が自慢をして気持ちよくなるためにあるのではありません。

自慢話を聞いてもらうことによって気持ちよくなって、そして自分がいかにすごいかを聞かせることで強制的に女性よりも上の立場に立とうとするのですが、女性からすると男性の自慢話なんていうのは興味のない話ですし、聞かされていてもうんざりするだけです。

女性に自分のすごい部分をアピールをして、良いように思われたいという気持ちは、残念ながら嫌われてしまうだけす。

本当にモテる男性は、自分からわざわざ自慢をしなくても周りが放っておきませんから、わざわざ自慢話はしません。

自慢話をしなくてもモテるような謙虚な男性を目指しましょう。

 

まとめ

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-di_img_5780

モテると勘違いしている男性の行動や特徴をお伝えしましたが、少しでも思い当たる節があったのであれば、女性からドン引きされてきら荒れていた可能性が高いです。

いや、笑ってくれていたし、、、と思うかもしれませんが、それはおそらく愛想笑いでしかないですので、モテる男性になるためには、素直にこれらの行動や特徴は改めて修正していきましょう。

本当にモテる男性は、性格も外見も自然体で過ごしているものですよ。

女性との出会いがなくて悩んでいるなら、ネットをどんどん活用しましょう!

サクラがほとんどいない真面目な出会い系スマホアプリ「YYC」はおすすめですので、一度登録してどんな感じなのか試してみてください。
 

201610271502021233

詳細はこちら
真面目な出会い系スマホアプリ「YYC」

 
※ 関連記事、類似記事はこちら
恋愛力アップ!女性にモテるために読むべき本おすすめ特集最新版!
Amazonで買えるオナホールおすすめ特集最新版!セックスより気持ち良い!
 

SNSでもご購読できます。