男慣れしてない女は要注意!女性に嫌われるスキンシップとは

女性は警戒心が強いですし、自分に触れさせるようなスキンシップというのは、特別な関係の男性や恋人にしか許さない行為ですから、気になっている好きな女性と、恋愛関係を発展させていくためには、デート中のスキンシップは欠かせないものです。

というのも、女性の髪を撫でたり、手を繋いだり、肩に触れたりしてデート中にスキンシップをして女性のパーソナルスペースに徐々に侵入していくことで、女性に「この人とは特別な関係にあるから、近距離で触れ合っても大丈夫なんだ」と思わせることができるようになっていくからですね。

女性との関係を進展させていくために重要な、そんなスキンシップですが、「セクハラだと勘違いされてしまわないだろうか」という不安な思いを勇気を持って断ち切り、女性にスキンシップを仕掛けていったのに、見事に女性に拒否されてしまった、、、避けられてしまった、、、
そんな悲しいことになったら嫌ですよね。

気になっている好きな女性との距離を縮めて、関係を発展させていくためにスキンシップをしたのに、それが原因になって嫌われてしまったらショックで立ち直れません。

また、女性によっては男慣れしていないばかりに、男性から急に触れられるとそれだけでビックリしてしまい、スキンシップを拒否するようになったりしてしまう女性もいますから、女性の嫌がるスキンシップや男慣れしていない女性とスキンシップをとるコツを覚えておきましょう。

 

スキンシップの基本

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-016Yama077

スキンシップは相手の女性のパーソナルスペースに侵入するわけですから、誰がしても許されるものではないですし、スキンシップが許される範囲とあなたの好意レベルは比例しています。

彼氏にお尻をポンと触られてもなんとも思わなくても、それを会社の上司なんかにされたらセクハラですよね。

相手が持っている好意のレベル以上のことをしてしまうと、ドン引きされてしまうか、下手をすると訴えられてしまいます。

ですからスキンシップをする時には軽いことから始め、女性の様子を伺いながら徐々にスキンシップのレベルを上げていくようにしましょう。

最初は相手の女性の所有物、例えばバッグやスマホ、財布などを自分に預けてもらえるかから好意レベルをはかっていき、そして手に触れ、髪の毛に触れ、、、
と、拒否されなければ徐々にスキンシップのレベルを上げていきます。

もしも拒否されてしまったら、その程度の好意レベルだということがわかりますから、無理をせず信頼してもらえるようにしていきましょう。

また、キスやハグをする時に、嫌だと思いながら我慢する女性はさすがにいないと思いますが、スキンシップが嫌だと思いながらも触れられることを我慢してしまう女性もいます。

その気持ちに気づかずにスキンシップしていると確実に嫌われますので、スキンシップをする時には女性の表情や態度をしっかりと確認しながら行うようにしてください。

たとえば、髪に触れた瞬間に表情が固まったという場合は、無理をしている可能性が高いので、相手の女性をそれ以上不快な気分にさせないよう、スキンシップは無理して行わないことです。

 

女性に嫌われるスキンシップ

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-n112_cyekusuru_1

上記でお伝えしたように、自分の好意レベルを確認しながらスキンシップを徐々にしていったとき、絶対にやってはいけないスキンシップがあります。

それはベタベタするような、いやらしさを出したスキンシップや気持ち悪がれるような行為です。

周りのカップルがやっているからと、自分も気になっている好きな女性に対してベタベタするようなスキンシップをしたくなる気持ちはわかりますが、そういったスキンシップは付き合ってもいない女性にする行為ではありませんし、ましてや男性慣れしていない女性の場合だと、それだけで恐怖心を持って怯えてしまいかねません。

「スキンシップを許してもいい=相手の男性は特別な存在だから」というように理解してもらえるのがスキンシップの効果ですが、逆に「スキンシップが嫌=相手の男性が気持ち悪い」というようになってしまう危険性も持っています。

男慣れしていない女性の場合だと、「スキンシップが嫌だやめてほしい」と思っていても我慢してしまう場合が多いですから、そんな女性に対して「スキンシップが許してもらえている」と考え、スキンシップのレベルを上げていくとどこかで完全に嫌われ拒絶されてしまうという結果になってしまいます。

 

男慣れしていない女性とスキンシップをとるコツ

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-akane278122238

男慣れしていない女性に対して、髪の毛に触れたり腰から下に触れるようなスキンシップをしてしまうのは、絶対にNGです。

頭に触れられたり、手を繋いだりすることでさえ、男慣れしていない女性の場合はビックリしてしまうものですから、男慣れしていない女性とスキンシップをとっていくためには、触れ合うことが自然であるような状況を作り、まず相手の女性に確認をとってからスキンシップを取るのがコツだといえるでしょう。

たとえば、ディズニーランドやUSJなどの人が多いテーマパークに行った時に、「はぐれちゃったら嫌だから、手繋ごう」とか言っても自然ですよね。

女性だって人混みの中で逸れるのは嫌なので、二人でデートに行くことができるぐらい好意を持ってもらえていれば、手を出してくれるはずです。

そうやって少しずつスキンシップをとることに女性に慣れていってもらうのが、男慣れしていない女性とスキンシップをとるコツです。

自然な感じでスキンシップをすることで、相手の男性が自分の体に触れる時間や機会が多くなってくると次第に慣れてきて、手を繋ぐだけじゃなく、頭に触れたり背中に触れたり、エスコートする時に腰に触れたりすることも、自然とできるようになってきますよ。

 

まとめ

 

4e91d3484ba0efbdc6192d1c6e683527_s

男慣れしていない女性とスキンシップをとるコツは、いきなり触れるのではなく、スキンシップをとることが自然である状況の中で、相手の女性に確認をとってからスキンシップをするようにすることです。

そうやって徐々にスキンシップをとることに、慣れていってもらうようにしましょう。

また、男慣れしていない女性であれ、そうでない女性であれ、ベタベタするようなスキンシップをすると嫌われますので、自分の欲望は抑え常に女性の気持ちになって考えて行動するようにしてくださいね。

モテる男性は、当然、普段の会話も上手です。

人見知りで内気で恥ずかしがりで、女性と話すことが苦手、、、
でも、彼女は作りたい!
というあなたのための、特別な秘密プログラムが公開中ですので、一度確認しておきましょう!
 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-07-15-40-34

詳細はこちら
charm mind secret

 
※ 関連記事、類似記事はこちら
恋愛力アップ!女性にモテるために読むべき本おすすめ特集最新版!
Amazonで買えるオナホールおすすめ特集最新版!セックスより気持ち良い!
 

SNSでもご購読できます。