自宅で簡単手作り!女性を惚れさせ欲情させる媚薬の作り方

媚薬と聞くと、AVでは色んなシチュエーションで媚薬を使用していますし、見ず知らずの男性に媚薬を飲まされ、白目をむいて喘ぎまくるシーンがよくあることから、女性を淫らにさせる惚れ薬をイメージしがちだと思います。

ですが、その大半は演出でしょうし、媚薬と聞くとちょっと胡散臭いもののような気がしますよね。

そういったイメージの媚薬は少し間違っていて、実は媚薬というものは性欲を高めたり、恋愛感情を起こさせる薬全般を呼ぶものなのです。

でも、女性を淫らにさせる惚れ薬でなくても、女性の性欲を高めたり、女性の恋愛感情を起こさせる媚薬が自宅で簡単に作れるものだとしたら、、、
男性にとっては媚薬は憧れの薬とも言えると思いませんか?

実は媚薬の歴史は古く、その起源は古代ヨーロッパにまで遡るのですが、古来からさまざまな原料を元に、本物の媚薬の作り方が試行錯誤されてきたのです。

世界三大美女の一人でもある中国の楊貴妃は常に魅惑的な香りをまとっており、これが男性を惹きつけたと言われますが、これも媚薬の効果だったのかもしれません。

匂いは脳にダイレクトに届きますし、匂いの持つ成分のパワーはすごいのです。

そんな媚薬は市販もされていますので、密かに試してみたいと思っている男性は多いはず。

でも買ってみても効かなきゃ嫌だなと思ってしまっている男性も多いと思いますので、自宅で簡単に手作りできる、女性を惚れさせ欲情させる媚薬の作り方を特別にお伝えします。

一度試してみて、媚薬の効果を実感してみましょう!

 

女性を惚れさせ欲情させる媚薬の簡単な作り方

 

レモンの媚薬

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-TSU845_morriiru

自宅にいつでも常備していそうな食材で作ることができる、レモンの媚薬。

作り方も簡単で、
レモン汁に玉ねぎと千切りした人参を加え、牛乳を入れて混ぜるだけ。

あとは温めて出来上がりです。

おそらく味はマズイでしょうが、、、

レモンと人参については、ニンジンに含まれるベータカロチンと、レモンに含まれるビタミンCを混ぜて一緒に摂取することで、女性ホルモンのエストロゲンが急激に誘発され、女性の性的興奮を誘発するんだそうです。

この媚薬は飲ませようとしても飲んではくれないので、媚薬だということは伝えておき、女性と一緒に実験をするような感覚で取り組んでみるといいと思います。

 

ハチミツの媚薬

 

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-pak57_konoatodoushiyoukanato

ハチミツの媚薬も、自宅にあるものだけで簡単に作ることができます。

というのもレシピは、
ハチミツに生姜とワインを混ぜる。だけ。

というのも、新婚旅行のことを意味する「ハネムーン」という言葉。

これは実はハチミツがとても深く関わっており、古代ゲルマン民族の習慣として、結婚後の新郎新婦は外出を控え、子づくりに励んだそうです。

その際、新郎が飲んでいたとされるのが「ミード(Mead)」という蜂蜜酒であり、この蜂蜜酒には滋養強壮効果があるということで、新婦の親が結婚の際に持たせたり、結婚後に造ったりしたそうです。

【Honey】+【Moon】でハネムーンという言葉ができたそうですよ。

またワインにハチミツを入れると意外と美味しく、女性にも飲んでもらいやすいという特徴があるのでハチミツの媚薬は使いやすいです。

ワインに限らず、アルコールに生姜やハチミツを混ぜて飲むと、身体を温める効果がより高まりますし、女性を淫らにさせる効果が倍増します。

 

オレンジの媚薬

 

9848a7c1c1683703d441e9074e31417e_s

オレンジの媚薬も作り方は簡単です。

必要な材料は、ハチミツ1匙・シナモンの粉末少々・グローブの粉末少々・カルダモンの粉末少々・ナツメグの粉少々・松の実の粉末少々・オレンジジュース1カップ・じゃこうのエキス1滴です。

みかんがなくても、オレンジジュースで作ることができてしまうのが、手軽で嬉しいですよね。

作り方も何も難しいことはなく、ハチミツ1匙と、全ての粉末を1カップのオレンジジュースに入れて混ぜ、最後にじゃこうのエキスを1滴垂らすだけ。

怪しいオレンジジュースになってしまいますが、スパイスもたっぷりで健康にも良さそうな気がしますよね。

オレンジジュースは果汁100%のものを選んで、健康にいいアピールをして女性に頑張って飲んでもらいましょう。

 

塗り薬のブランデー媚薬

 

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-yuka160113574105

こちらは上記でお伝えしてきたものとは違って、口に入れる媚薬ではないパターンです。

しかも使い方も簡単で、粘度の高いローションに少量のブランデーを混ぜ合わせ、普段と同じようにローションを使うだけ。

ブランデーの良い香りがして、そのほんのりと香る匂いだけで気持ちが盛り上がってきます。

ただし、粘膜からアルコールが吸収されるので、お酒が飲めない体質の女性には使わないように注意が必要です。

 

まとめ

 

4855281473_29815aa2c3

以上、自宅で簡単に手作りできる、女性を惚れさせ欲情させる媚薬の作り方をお伝えしてきましたが、予想していたよりも簡単に媚薬が作れることに驚かれたかと思います。

薬として販売されているような媚薬には効果が遠く及ばないかもしれませんし、自宅で手作りした媚薬を使うことで、女性が白目をむいて喘ぎまくる、、、というようなことはまずありえません。

そんな効果は自作の媚薬には期待できないですが、ですが、思い込みによって薬の効果が高まるというのは実験でも証明されていることであり、スッポンやマムシ酒に精力回復の効果があると言われているのと同様、長期間続けることで体質改善に近い効果を期待してくるはずです。

女性とと相談しながら一緒に作ってみるのも楽しいかもしれませんし、今週末は女性と一緒に媚薬作りをして、熱い夜を過ごしてみましょう!

強力な媚薬はネットの通販ですぐに手に入れることもできます!

実際の効果と使用実績が実証されている媚薬なら、女性の性欲開放と発情効果を誰でも実感できるはずです。

 
スクリーンショット 2017-05-10 18.10.00

詳細はこちら
LOVE SHOT

 
※ 関連記事、類似記事はこちら
恋愛力アップ!女性にモテるために読むべき本おすすめ特集最新版!
Amazonで買えるオナホールおすすめ特集最新版!セックスより気持ち良い!
 

SNSでもご購読できます。