合コンで言ってはいけないホメ言葉集

スクリーンショット 2016-08-05 11.01.44

合コンや飲み会では女の子と仲良くなるために相手をホメたりしますよね。
でもその伝え方、内容によっては逆に怒らせてしまうことだってあるんです。
自分ではホメていたつもりでも、女の子にとってはショックだったり、機嫌を損ねたりする可能性があります。
今回はそのパターンを紹介しますので、ぜひ覚えておきましょう。
せっかく盛り上がった会話が一気に冷めてしまわないように。

 

 

ラブショット(LOVE SHOT typeL)の媚薬効果と口コミ

 

 

1.「モテるでしょ?」「彼氏たくさんいたんじゃない?」

 
恋愛経験が豊富そう、と思ったからといってそんなこと言ってはいけません。
「社交辞令じゃないの?」
「遊んでいる女と思われてるの?」
と怒ってしまう女の子が多いんです。
男性からすれば魅力的な女の子だよ、と伝えたいのでしょう。
ですが、こういう言い方では遠回しになってしまいますし、相手をイヤな気分にさせてしまいかねません。

「私のこと、恋愛対象として見てないんだなぁ」
と感じてしまわれては、女の子を落とすのも厳しくなってしまいます。
シンプルに自分の気持ちを伝えるほうが正攻法で成功率も高いですよ。
ただし、コレも連発すると信ぴょう性がなくなってくるので注意です。

 

 

2.「スッピンでも十分なんじゃない?」

 
「素顔でも十分に魅力的」
「化粧しなくても可愛い顔だよね」
と男性は伝えたいのでしょうが、これも怒られてしまいます。
「化粧映えしないって言ってるの?」
「可愛くなろうと努力してるのに無意味ってことなの?」
と女の子は受け取ってしまいます。
素顔も見ていないのに勝手な思い込みをする男、とも思われかねませんので、発言には注意しましょう。
同じ意味でも
「素顔でも美人なんだろうね」
という感じで言えば、女の子の努力も否定しませんので、好意的に受け止めてもらうことが出来ます。

 

 

3.「やせたら可愛くなると思うよ」

 
絶対に言ってはいけません。
潜在的なポテンシャルをホメようとしているのでしょうが、結局は
「つまり、今はデブっていいたいのね」
「やっぱりぽっちゃりに見えるんだ……」
とショックを与えてしまうだけです。

「やせたら」
という条件付けがそもそも良くありません。
基本的には言うべきではない言葉ですが、女の子が
「私、太ってるから」
と自覚しているのであれば、
「今でも十分可愛いけど、やせたらもっと可愛くなると思うなぁ」
とオブラートに包みながらフォローすればホメ言葉になる場合もあるようです。
その場合も相手の反応を伺いながら気を付けて発言しましょう。

 

 

4.「本当に細いよね」

 
逆にやせていることを強調しすぎるのも危険です。
確かにやせているのをホメるのは一般的ですが、そこだけを過剰にホメていると逆効果になってしまいます。

「そもそも太らない体質なので言われすぎてつらい」
「『ちゃんと食べてる?』とか大きなお世話だし」
と受け取られてしまいますので、痩せすぎていることをコンプレックスに思っている女の子には禁句となってしまいます。
そもそも、
「さっき『グラマラスな女の子が好き』とか言ってたのに、やせてるってホメられても全然うれしくない」
と無理にホメていることを見ぬかれては元も子もありませんので、体型について必死にホメるのはやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

5.「◯◯ちゃんって面白いよね!」

 
「親しみやすいよね」
と付き合いやすさをアピールしているつもりが逆に怒られることもあるんです。

まるで男友達のように親しみが持てる、と男性側は思ってしまいますが、それは結局
「女の子として見られていないんだ」
「友達ならまだしも、気になってる男性にそう言われちゃうと、見込みが無いのかと思って……」
と傷ついてしまうことになってしまいます。
合コンのノリで友達気分で語るのもいいですが、度を過ぎるとせっかく好みの女の子だったのに断られてしまう、なんてことにもなりかねませんので注意しましょう。
同じようなパターンで、
「性格はすごくいいよね!」
なんてのも禁句です。
「は」ではなく「も」にしておきましょう。

 

 

6.「バリバリ仕事できてスゴイね!」

 
男性からすると、
「仕事ができる人はスゴイ」
「能力の高さは人物評価の基準の1つ」
という考えが一般的ですが、女の子にとってはそうでもありません。
「仕事人間ってだけで女性的魅力がないと思われてる?」
「仕事能力の話ばかりで、かわいさをホメてもらってない!」
という認識になるので、ホメ言葉にはなっていないんですね。
キャリアウーマンならまだしも、普通の女の子の場合は、合コンに来てまで仕事の話はしたくないはず。
仕事のことは忘れて人間的魅力を探してあげるようにしましょう。

もちろん、男勝りで勝ち気な女の子でも、そういう点は評価せずに女の子として接するのが大事です。

 

 

7.「年齢よりも若く見えるね」

 
最低です。
禁止ワードの見本市みたいな発言です。

女性に対して年齢を聞き出しているのが大問題。
女の子が自分から年齢を言っていてもその話には乗らず、さりげなくスルーするべきです。
それどころか友だちから聞き出した年齢を持ちだして
「◯◯ちゃんって25歳なの? もっと若く見えるね!」
なんて、ホメているつもりでも女の子からすれば最低の男です。
「本音なら嬉しいけど、気を使っている人も多いから素直に受け取れない」
というのが女の子の考え方。
本気でそう思っていてもストレートには受け取ってもらえないケースが多いので、年齢関係はできるだけ発言しないようにしましょう。
逆に
「童顔がコンプレックスだから言われても全然うれしくない!」
という女の子もいますので、年齢関係はタブーと考えたほうがいいです。

 

 

8.「アジアンビューティーだね!」

 
わかりづらい表現も誤解を生むだけです。
確かに女の子の中にはエスニック的な雰囲気を持っている子もいますので、そういった個性をホメようとする気持ちもわかります。
ですが、
「狙ってるわけじゃないのにそう言われても……」
「ホメてるのかどうか、良く分からない」
と戸惑いを生む原因にもなります。
他の男性と差別化しようと変わったホメ方をしようとする人もいますが、大抵の場合は失敗終わることが多いので、例えば女の子が和服を着ている時など、特殊な場合を除いて使わないほうが無難といえます。

 

 

9.「みんなは知らないだろうけど、俺はかわいいと思ってるよ」

 
要するに俺はキミが好みだ、と言いたいのでしょうが、かなり意味不明です。
「他の男性からは可愛くないって思われてるってこと?」
「マニア好みの顔だって言ってるの?」
と逆に怒りを買う事になります。

ホメてるつもりがネガティブワードになってしまっては何の意味もありません。
他の男性を巻き込んで発言するのではなく、率直に自分の言葉で伝えるほうが可能性は高くなります。
「みんなは知らないだろうけど」は必要ありません。
「すごく可愛い! 俺、キミみたいな女の子がタイプなんだ」
とそのままの気持ちを伝えたほうが女の子も喜ぶはずですよね。

 

 

今回は合コンでは言ってはいけないホメ言葉をご紹介しました。
言葉の伝え方を間違えると、自分と相手だけでなく、周りも巻き込んで盛り下げることになってしまいます。
ノリと勢いだけで突っ走るのではなく、相手の反応に注意しながら女の子をホメるようにしましょう。
ホメにホメて盛り上がり、カップル成立したら次にしたいことと言ったら、アレしかありませんよね?
そこで女の子の気分を盛り上げ、一気にホテルまで持ち込むために便利なアイテムが……?
↓ ↓

ラブショット(LOVE SHOT typeL)の媚薬効果と口コミ


ホテルでもしっかりホメて楽しいセックスライフを過ごしましょう!

SNSでもご購読できます。